神内神社(子安の宮)

 紀宝町にある「神内(こうのうち)神社」は別名「子安(こやす)の宮」とも呼ばれています。

 熊野信仰の代名詞ともいわれる自然信仰ですが、神内神社もご神体とされるのは「岩」になります。その大きさは写真ではおさまりません。

 境内には様々な植物が自生していて緑にあふれています。コケやシダも豊富で境内そのものが、熊野の森の植生をあらわしているといえます。

神内神社へのアクセス

 キャンプ場からは車で約30分です。