2019年10月

【イベント】11月17日『フィンランドデイ with こばやしあやなさん』

お知らせ

☆飛雪の滝キャンプ場でフィンランドを感じるイベント☆

『フィンランドデイ with こばやしあやなさん』開催決定!!

フィンランドづくしの1日をみんなで楽しみましょう♪

フィンランドの映画、サウナ、料理をご用意しています。

フィンランド在住コーディネーター、サウナ文化研究家

「こばやしあやな」さんをゲストに迎えてのスペシャルイベントとなります!

 

上映する映画は

『サウナのあるところ』(現在日本各地で上映中)

フィンランドで1年以上のロングランとなった本格サウナ・ドキュメンタリーです。

「サウナのあるところ」ホームページ

この映画をみると、きっとサウナにはいってロウリュ(サウナストーンに水をかけて蒸気をあげる)がしたくなるはずです。

いまや飛雪の滝キャンプ場の名物となった「テントサウナ」体験もご用意しているので、思い立ったらすぐサウナ!ロウリュ!が可能。

(映画鑑賞の方にはテントサウナ1時間体験が無料となります)

 

テントサウナって何?というかたは下の写真をご覧ください。

フィンランド製のサウナ用テントの中には、薪ストーブがあり熱したサウナストーンに水をかけると熱々の本格サウナが体験できます。

そして、飛雪の滝キャンプ場でのサウナといえば、水風呂がわりの滝壺イン!最高の体験になること間違いなし!

「サウナ」と「滝」をあわせた体験『サ滝』ができるのは日本でここだけです。

 

映画上映(2回)の後には、フィンランド料理を食べながら、こばやしあやなさんのフィンランドお話会を開きます。

昨年12月に刊行された著書『公衆サウナの国フィンランド』のことや普段のフィンランド生活のあれこれについて、みんなで楽しくお話ししましょう!

こばやしあやなさんのホームページ「スオミのおかん

 

今年1月に和歌山でお会いしたときのこばやしあやなさん

とっても気さくで話しやすい方ですよ♪

 

それでは、イベントの内容です

【開催場所】

飛雪の滝キャンプ場

(三重県南牟婁郡紀宝町浅里1409-1)

【スケジュール】 

2019年11月17日(日)

①映画上映   13:00-14:30(定員30名)

②お話会と軽食 14:30-15:30(定員30名)

③映画上映   16:30-18:00(定員30名)

④お話会と夕食 18:30-20:00(定員30名)

⑤テントサウナ 14:00-22:00

【参加料金】

①か③のみ 1,200円(⑤のテントサウナ1時間無料、後日利用可)

②のみ   1,000円

①と②   2,000円

④のみ   2,000円

③と④   3,000円

【申込方法】

飛雪の滝キャンプ場(0735-21-1333)電話受付(先着順)

※予約受付開始は10月21日からとなります。

【イベント】11月2~4日 芝生広場に「滝の見えるテントサイト」登場!

お知らせ

3日間だけの特別なテントサイトを設定しました!

飛雪の滝が正面に見える芝生広場に限定5組でご利用いただけます

また、11月2日と3日の夜は昨年好評の「飛雪の滝のおでん屋さん」も開店します!

 

【宿泊可能日】 11月2日(土)及び11月3日(日)

【利用料金】 1組(テントとタープ最大1セット)2000円

【申込方法】 電話予約(先着1日5組)

写真はイメージです。サイト範囲は少し異なります。

 

【イベント】11月4日 かわしまようこさんの草でできること教室 Vo.1

お知らせ

11月4日(月祝)、かわしまようこさんのワークショップを開催します。

雑草と呼ばれる草花の案内人、作家であり、自然療法のセラピストであるかわしまようこさんと

一緒に草を使って癒されてみませんか?

【草でできること教室   Vo1】
〜足もとに生えている草を生かしながら健やかに暮らす〜

タンポポ、オオバコ、ヨモギ、セイタカアワダチソウ・・・
雑草と呼ばれている草は、どこにでも生えているので、気にもとまらなくなっています。
むしろ、抜いてもすぐに生えてくるので、手強い存在!

ですが、よく見ると愛らしい花を咲かせ、お茶にしたり、食べられたり、
心身のお手当に使える草も生えているのは、ご存知ですか?

タンポポは、肝臓の解毒作用があり、オオバコは、虫さされのかゆみを抑えてくれます。
改めて考えてみると、利用されている薬のほとんどは、
自然界の植物から、成分をひきだしてつくられたもの。

今回は、いつも一部分しかいただいていない自然界の力を、
自分の目で見つけて、摘み、直接丸ごといただいて、
お茶にしたり、煮出したもので足湯をしたりしながら、
こころと体を満たしていきましょう。

草の名前を覚えることはもちろん、その草の役割を
実際に散歩しながら、生えている草を見つけながらお伝えします。
身近に生えている季節の草を暮らしに活かせたら、
お庭やいつもの道を歩くのが、たのしくなりますよ。
飛雪の滝 キャンプ場の自然をゆったりと感じながら、出会った草たちを摘みながら、
こころと体の羽を休める、体験型リラックスワークショップです。

 ▷お茶になる草探し、摘み草でお茶づくり
 ▷草の薬効をまるごといただきながら、デトックス足湯
 ▷草を使った蒸しタオルで目の疲れをスッキリケア

【日時 】 2019年11月4日(月祝)  13時00分〜16時00分
場所】  浅里地区、調理コーナーor炊事棟
【集合場所】 飛雪の滝キャンプ場交流施設

【内容】

 ・お茶になる草探し、摘み草でお茶づくり
 ・草の薬効をまるごといただきながら、デトックス足湯
 ・草を使った蒸しタオルで目の疲れをスッキリケア

【料金】 3500円
【定員】 15名程度
【持ち物】 汚れてもいいフェイスタオル
【受申込・問合せ】 飛雪の滝キャンプ場 TEL(0735)21-1333

          ※受付9時~17時 火曜定休日

◉かわしまようこさんプロフィール
2000年に「花だな」と思い、雑草にフォーカスした活動を開始。展覧会や雑誌などのメディアで、自然とひとの暮らしの接点を表現する。2011年の東北大震災をきに、ブラジル、タイ、ブータンなどを旅し、雑草をとおして環境を守る活動から、こころと体を調える活動に転換。アマゾンの森で過ごした経験をもとに、草を摘み、食べながら、「自分らしく生きる」ことを大切にしながら、病気の原因と自然療法の研究をすすめる。雑草リトリートでは、小さな草と触れ合うなかで、命や潜在意識と向き合いながら、健康で幸せに過ごすきっかけをつくっている。
雑誌「装苑」「リンカラン」「天然生活」「ダ・ヴィンチ」など、数々の雑誌で雑草のエッセイなどを連載しながら、雑草の魅力を表現。著書に『草と暮らす』(誠文堂新光社)『草かざり』(ポプラ社)『ブータンが教えてくれたこと』(アノニマ・スタジオ)など多数。自然療法案内人であり、ヒプノセラピスト。13年の東京生活を経て、現在は沖縄在住

http://www.kawashimayoco.com/

   

【営業再開】10月13日から通常営業を再開します。

お知らせ

台風19号による被害のないことが確認されたため

10月13日9時から通常営業を再開します。

【お知らせ】「飛雪の滝・夏休みフォトコンテスト」結果発表

お知らせ

沢山のご投稿ありがとうございました。

厳正な審査の結果、以下の方にキャンプ場宿泊利用券を贈呈します。

対象者にはインスタグラムへDMをお送りいたします。

キャンプ場宿泊利用券 10,000円分(3組)

 

  • makironphoto
  • taka9
  • kadoya-yoshiko

 

キャンプ場宿泊利用券 2,000円分(10組)

  • watagashi_kuroniisannooniyome
  • kaz_m_i_z
  • nishimiya-2437
  • field_living
  • nishimuramasakatsu
  • a2a2coco
  • 0420
  • charinko4214
  • mayumi2211
  • ki.0820